琴城流大正琴振興会

HOMEお問い合わせサイトマップ
大正琴
琴城流大正琴振興会の組織 琴城流大正琴振興会 琴城流大正琴振興会の歴史
  昭和46年7月、名古屋の琴城流初代家元鈴木琴城写真1が鈴木楽器の工場(浜松市)を訪れ、鈴木萬司写真2に語りかけました。「最近、名古屋市内の百貨店で鈴木大正琴を見たがなかなか良くできている。さらに、いくつかのアイディアを私は持っているので試作してほしい‥。」鈴木萬司は「承知しました。あなたのアイディアを入れた大正琴を作りましょう。」と即答しました。二人は意気投合、琴城流大正琴振興会の前身である【鈴木大正琴愛好会】が設立されました。鈴木萬司は昭和40年より古賀政男先生の大正琴の生産にも関与していました。この大正琴の最大の特徴はギター式糸巻きの採用にあり、今日の大正琴の原形となるものでした。この画期的な改良を行なった鈴木萬司について『花の大正琴』『大正琴一代』(東京新聞出版局発行)の著者小橋博史は「大正元年森田吾郎が大正琴を作り、第二次世界大戦以後、鈴木萬司がエレクトロニクスを駆使し新しい大正琴の音を作り、普及した。鈴木萬司は一大革命を起こした一人だと思っている。森田吾郎と鈴木萬司、その中間にいたのが鈴木琴城だったと理解している」と語っています。

  鈴木萬司と鈴木琴城の運命的出会いにより、全国に大正琴教室が一気に広がりました。大正琴の音色は日本人の琴線に触れるものがあり、日本人が作り出した数少ない楽器として多くの愛好者から親しみと共感を得ながら大きく発展しました。琴城流は最初に全国に大正琴教室を展開した伝統ある流派として、その実績は高く評価されています。
鈴木琴城
鈴木萬司
  昭和60年、大正琴誕生の地大須観音境内に初代家元と鈴木萬司会長の協力のもとに森田吾郎の偉業を称え大正琴発祥の地碑を建立写真3、毎年9月9日を【大正琴の日】と定め奉納演奏会を開催しています。大正琴発祥の地碑建立の2年後、昭和62年初代家元は享年72歳で帰らぬ人となり、翌年の昭和63年に現家元写真4が二代目を継承、今日に至っています。
大正琴発祥の地碑地碑の裏 二代目家元 鈴木琴城
時を同じくして鈴木大正琴愛好会は【琴城流大正琴振興会】へと改組、鈴木萬司の持論である“組織は社会のもの、会員のものでなくてはならない、そのためには、鈴木の名前を取り外したい”ということで琴城流大正琴振興会の現名称となりました。
“誰でもやさしく楽しく弾ける”を基本理念として、段階を追って無理なく上達できるカリキュラムをご用意していますので、未経験者でも安心して入会できます。教本、曲集、音源を豊富に取り揃え、更には、お稽古継続の励みにもなる資格制度も完備しています。資格審査に合格すると名取名を取得して大舞台でお披露目をしたり、多種のイベントに参加することができます。
 大正琴を通じて、仲間作りや地域社会とのコミュニケ−ション、社会貢献、潤いのある生活を楽しみませんか。 将来は指導者を目指して学習するコースもあります。
入会と進級システム
大正琴教室ではこんな楽しみ方があります。
広いジャンルの曲目を楽しめます。
演歌・ポップス・クラシック・邦楽等、幅広い楽曲を教材として扱っています。
発表の機会が多くあります。
各地区での発表会や全国の琴城流の仲間が集う発表会などに参加し、日頃の成果を発表したり、仲間を作ったりすることが出来ます。
資格を取得出来ます。
目標を明確に持って学習することができ、継続の励みになります。
資格を取得することで、将来、大正琴指導者を目指すことも出来ます。
アンサンブルを楽しめます。
琴城流は豊富な種類の楽器を使用していますので、独奏はもちろん、仲間でアンサンブルを楽しむことも出来ます。
生涯学習と大正琴   わが国で『生涯学習』という言葉が活発に使われはじめたのは昭和55年頃からで、振興会の前身【鈴木大正琴愛好会】が全国に大正琴教室を展開しはじめた頃と時期を同じくしています。生涯学習とは「一人一人が、健康で豊かな生活を営むことや、仕事に役立つ知識や技術を身に付けたり、生きがいのある充実した人生にするために、自分の意思に基づくことを基本とし、必要に応じて自分に適した手段や方法を選んで、生涯を通じて行なう学習のこと」と定義づけられています。また、生涯学習には、あらゆる学習活動が含まれています。例えば、家庭や学校で行なわれている基礎的・基本的なものから、趣味・教養、資格取得、企業内研修、スポーツ活動、レクリエーション活動、ボランティア活動、芸術・文化活動、国際交流活動等々、幅広いものがあります。学習の方法には、学校や公民館、民間教育事業等で行なわれている集合学習形態のものだけではなく、通信教育、テレビ、ラジオ、読書、新聞、インターネット等を利用して個人で行なう学習もあります。
 大正琴は生涯学習の最先端を走ってきた楽器であります。最も深い関わりが出来たのは【社団法人大正琴協会】の設立でした。文部科学省の筆頭局として生涯学習局が平成4年に設置されると同時に申請、平成5年に公益法人としての許可されたのです。
 大正琴を通じて生涯学習社会の構築、国民一人一人の生きがい、潤いとなる大正琴音楽の普及啓蒙を図ることが国から認められたということです。
 以来、大正琴は生涯学習の代表的な楽器、日本人の琴線に触れる楽器として皆様から愛され親しまれています。
文部科学省許可 社団法人 大正琴協会
上に戻る
(C)2012 Suzuki Musical Inst. MFG. Co.,Ltd. All Rights Reserved.